【すぐ読める!】FXGTの出金方法を知りたい方はこちら

こちらではFXGTの出金方法についてご紹介していきます。
出金方法ごとに

・手数料
・着金までの早さ

などが異なってきますので、ご自身に合ったものを見つけていただければと思います。

FXGTの出金方法は5種類!

出金方法は以下の5つのどれかから選ぶことになります。

・クレジットカード、デビットカード
・仮想通貨
・ビットウォレット
・スティックペイ
・銀行送金

これらの出金方法ごとに特徴がありますので、それぞれの特徴をご紹介します。

各出金方法の特徴

クレジットカード、デビットカード

クレジットカードとデビットカードは入金額の戻し、という位置づけになっています。

なので、出金できる金額は入金額までとなります。
そのため、10万円入金したら出金も10万円までとなっています。

そして、注意しないといけないのは入金から一定期間過ぎると出金手段として利用できなくなります。
その時はクレジットカードで入金したことがあるのに出金方法としてクレジットカードが選べなくなるので、別の出金方法を採用することになります。

利用できるカードは?

FXGTで出金で利用できるクレジットカード、デビットカードの種類は

・Masterカード
・JCBカード
・VISA
・ダイナースクラブ
・アメリカンエキスプレス(アメックス)

の5種類になります。

仮想通貨

FXGTは仮想通貨FXもできる業者なので仮想通貨での出金も可能です。
当然ながら仮想通貨で出金する場合は通貨の急な変動に注意が必要になります。

ビットコインを見ていても、1ビットコインが700万円を超えていたのに数日で650万円くらいまで暴落することがあるので、ビットコインの場合は出金タイミングを間違えるとせっかくの出金額が少なくなってしまう可能性があります。

利用できる仮想通貨は?

利用することが出来る仮想通貨は以下のものになります。

・ビットコイン
・イーサリアム
・リップル
・カルダノ
・テザー

これらの仮想通貨が出金手段として利用可能です。

ビットウォレット、スティックペイ

ビットウォレットとスティックペイはいわゆるオンラインウォレットと言われる出金手段です。
基本的にこれらの出金手段はアカウントを持っていて、普段から利用されている方は出金手段の一つとして利用すればいいのかな?という感覚です。

気を付けないといけないのはFXGTに登録しているメールアドレスとこれらのオンラインウォレットの登録メールアドレスが同じでないとアカウント証明書類の提出やビットウォレットやスティックペイでの登録メールアドレスをFXGTに伝えないといけないのでメールアドレスが異なっている場合は手間がかかることを覚えておいてください。

銀行送金

最後は銀行送金です。
利益を直接自分の銀行口座に振り込んでもらうので最も人気があるのではないでしょうか?

注意しなくてはならないのは、送金できる銀行と出来ない銀行がある点です。
FXGTから銀行への送金は海外からの送金になります。

海外からの送金の場合はSWIFTコードと言われる銀行ごとに定められたアルファベットのコードを入力しなければならず、銀行によってはそのSWIFTコードがないところもあります。

なので、銀行送金を検討されている方はまずは振込先として利用しようとしている銀行にSWIFTコードがあるかを調べる必要があります。
「○○銀行 SWIFTコード」と調べれば出てきますので調べてみましょう。

有名な銀行だとペイペイ銀行(ジャパンネット銀行)やセブン銀行SWIFTコードがないので海外送金が出来ません。
また、みずほ銀行のインターネット支店(通常の支店は海外送金可能)も海外からの送金を受け取ることが出来ないので注意が必要です。

もし、利用している銀行にSWIFTコードがなかったらSWIFTコードがある銀行で新規に口座を開設すると良いでしょう。
ソニー銀行などは出金手数料が安いと評判です。

また、銀行送金の場合は銀行の方で高めの出金手数料がかかります。
銀行によって手数料は異なりますが、2500円程度は取られると理解しておきましょう。

なので、銀行送金の場合は一度の出金額は多めの方がおすすめです。

出金手数料

出金手数料ですが、FXGTからは出金手数料は取られません。
では、完全に出金手数料は無料なのか?というとそういうわけではありません。

例えば、銀行送金の場合にはFXGTから取られなくても、銀行から手数料が取られることになります。

なので、選んだ出金方法ごとにどの程度手数料がかかるか?は知っておいた方が良いでしょう。

手数料だけでいうと、クレジットカードやデビットカードは手数料は無料ですので出金の際に手数料を払いたくない方はカード出金を」選択すると良いでしょう。

最後に

今回はFXGTの出金方法や手数料の有無などについてご紹介しました。
出金方法は決めるまでが大変ですが、一度決めてしまうと2回目以降の出金は楽になりますので、なるべく早めに決めると良いでしょう。